北海道 函館市の 医療法人社団 前多歯科クリニック

 
「インプラント」とは、どんな治療方法ですか?
  「インプラント」とは、歯の抜けた所に、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を制作し装着する方法です。
天然歯と同様の、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。
インプラントは従来の方法とどのように違いますか?
  インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける留め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が甦ります。
また、制作された人工の歯もぴったりと固定されてますから、固いものでも楽に食べられるようになります。
インプラントのオペは大変ですか?
  当院の担当医は、東京医科歯科大学の田中教授であり安心して手術を受けていただけます。
1〜2本の手術であれば15〜20分程度で終わります。局所麻酔で行うので手術は痛くないです。

東京医科歯科大学 田中教授のホームページ
 
インプラントをして、身体に影響はありませんか?また、どのくらいもちますか?
  カルシティック・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。
他のインプラントシステムと比較しても、さらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響はありません。
また、インプラントの材質的に考えても半永久的なものですが、生体との調和が大切です。
手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。
インプラントにすると脳検査(MRI)が受けれないって本当ですか?
  脳外科の先生方の中には、実際そのようなお話を聞く事がありますが、当院で使用しているインプラントは、まったく影響が無いのでご心配いりません。
インプラントはどんな人に適していますか?また、手術時間はどのくらい?痛くないのでしょうか・・・
  インプラントは次のような人たちに適しています。
取り外しの入れ歯が嫌いな人
歯が抜けたところを治療する為に残っている歯を削られたくない人。
入れ歯で、発音や発生に不便を感じている人。
総入れ歯が合わず、生活にも支障をきたし、不快感を抱いている人。
歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、総入れ歯を装着すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人。
また、インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔をして行いますから、痛みは心配ありません。手術は綿密な計画の下に行い、手術時間の概要については事前の審査診断により決定されます。インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは先生にご相談ください。
インプラントにするとどのようなメリットがありますか?
 
 
歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法がとられていました。しかしインプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要はありません。
 
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。インプラントにすると本来の歯数のバランスとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。
 
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取りはずしする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。
インプラントの費用はどのくらいかかりますか?
  インプラントの治療費は、手術料とインプラントの材料費、歯の部分の費用の合計です。詳しくは、当院までご相談下さい。
※健康保険は使えませんが、医療費控除の対象となります。
患者様の声
 
自然すぎて「インプラント」と言うことを忘れてしまい、逆にブラッシングがおろそかになってしまうのではないかと不安になる時がある程です。(60代 男性 会社員)
 
歯周病治療にも力を入れていると聞き受診しました。インプラント治療に悪いイメージを持っていましたが、詳しい説明を聞き納得しました。(例えば種類が100種類を超えていることやMRI撮影が材料によって全く問題ないことなど。)又、実際のオペもスムーズで入れた歯も全く違和感なく美しい仕上がりで満足しています。
(50代 男性 内科開業医)
 
今まで意識しすぎてたのかもしれませんが、お友達と食事会に行くことが楽しくなり会話もはずんでいる毎日です。(60代 女性 主婦)
 
驚くほど綺麗な仕上がりで、会う友達みんなに見せています。(30代 女性 事務員)
 
青森にもインプラントオペを行っている医院は多くあるのですが、口腔内環境に致命的な歯周病菌の管理を行い、その上でインプラント治療を行う歯科があると知人から聞き受診致しました。治療説明も私がしっかり納得のいける状況であり大変に満足しております。オペの日は函館に一泊する予定でありましたが、日帰りが可能とのことでさらに驚かされました。痛みも無く、その後の食事のとれる状況を考えてくださり、信頼のできる医院であると思いました。(70代 男性 青森市在住 小児科開業医)
 
私は入れ歯を使用していましたが、バネがついていた歯がだめになり、入れ歯を入れる前にかなりの嘔吐感が出るようになってしまって苦しんでおりましたので、インプラントの決意をしました。
正直、不安がありましたが、若い頃のように食事が摂れる様になり、その上見栄えも良く満足しています。もっと早く出会っていれば自分の歯も長持ちしたのかなと、残念でなりません。
(70代 女性 主婦)
 
私は数年前に他の医院でインプラントを行っており、そのインプラントの調子が悪くなった頃、前多歯科さんと出会いました。手術そのものは以前していたので不安はありませんでした。しかし、実際に最終段階まで進んで行った時の差は大きいものでした。以前のインプラントは慣れるまでに一年程かかり、物を噛むとひびく様な違和感がありました。硬い物は食べづらく、誤ってその場所で物を噛むとヒヤヒヤしました。
今回こちらで入れたインプラントは入れてすぐに何でも食べられもちろん違和感などは無く、すっと口の中で調和がとれました。(60代 男性 会社員)
 
昔から歯が悪く、歳も歳なのでインプラントは無理かもしれないと思っていました。話を聞くと、まだまだ手術のできる状態であるとのこと、早速手術をしてもらうことになりました。
治療期間は長くかかりましたが、長期にわたり安定した状況を保つための大事な期間と説明を受け納得しました。食べることが大好きで、特に硬いものが好物で食べられることの喜びを日々感じております。体の調子も良くなり、まさに医食同源とはこのことですね。(70代 女性 会社役員)
 
私はロンドンに住んで7年になります。
ロンドンの歯科に通っていましたが不具合が多く、なんとか前多先生のところで治療したいと1ヶ月休暇をとって帰国し、インプラント治療を行いました。
メンテナンスのために、年に1度は通わなければいけませんが普段はインプラントをしているということを、すっかり忘れてしまうほど自然で満足しています。
 

Copyright 2005 Global Communications Inc. All Rights Reserved